記憶

思考の掃きだめ、雑記

誰かの一番

最後に人に会ったのはいつだろう

 

 

まだコロナ拡大が本格化し始める前のことだったかもな。三月の半ばに何人かで鎌倉に行ってから友達に会ってないということかもしれない。

 

1人でいることには割と耐性があると思っていたけれど、さすがに少しずつ孤独感が蓄積してきてメンタルをやられていっている気がする。ずっと彼女なしで生きてきたし、別にそういう人を躍起になって作る必要もないと思っていた。とはいえ、ここまで誰とも会えない、誰とも話せないって状況が続くと、何も気にせずに会ったり話したりできる恋人を欲しいと思うのも自然なことではなかろうか。

 

授業がオンラインになり、キャンパスに行かなくなったことで何が変わったか。

 

授業の質などについてはここでは語らないことにすると、最も大きな変化は偶発的なコミュニケーションが発生しなくなったということだろう。

 

キャンパスに行けば毎日何人かの知り合いに会うし、そうすればその人と多少の立ち話をすることもできる。そして私はそういう偶然発生する会話が結構好きだった。しかしそれは現状では望めないのだ。

 

ここで、周りの人は誰と話しているのだろうかという疑問が生じる

 

もともと学校生活などで仲が良かった他の人と話しているのか、それともSNS上の知り合いと話しているのか(Twitterとかインスタのストーリーとかで見かけるスクショ画面が通話中の表示になっているのを見て羨ましさで死んでしまう日々、、、)。バイト先の人と話すので十分という人もいるだろう。

 

友達とLINEをすることもあるし、Twitterでリプを飛ばしあったりすることはある。

 

しかし自分にとってはそのようなチャットでの会話よりも、通話でも実際に会うのでもいいのだが、声を聞いて話す方がはるかにリラックス効果があるように感じられるのだ。

 

誰かと通話したいなって思った時に誰の顔が浮かぶだろうか

 

サークルの友達か、高校の友達か、幼馴染か、バイト先の人か、TwitterのFFの人か…そんなのはひとそれぞれだ

 

私にだって話したいと思う人はいる

口に出さないだけでその人たちは自分にとっては最高レベルの友人だったりするんだろうな

 

でもさ、彼らには大抵自分より仲良い人がいて、そういう人たちと話してるんだよね、、、

 

話したいと思ってる人には別の相手がいて、自分は全くそういう相手として見られていないんだろうなって感じるとき、この上ない惨めさに襲われないですか…?

 

去年の今くらいの時期から少しずつ人間関係が変化していって、秋くらいからはサークルの人ともFFの人ともうまくいかないことが増えて、どんどんいろんなことがうまくいかなくなる悪循環に嵌ってしまっている気がする

 

どうやればこの状況から抜け出せるのか誰か教えてください

そしてもしよければ話し相手になってやってください

 

誰かにとって一番話したいと思う人が自分だったらいいのに…などと淡い願望を垂れ流し続けるかっこ悪い人間になんてなりたくなかった…